1000万円台の注文住宅を建てることもできる

家を建てる土地代を節約しよう

一般に注文住宅を建てる費用は高くて最低でも2000万円台、高いものになる3000万円台から4000万円台になります。普通のサラリーマンにはやや高い費用ですが、いろいろなことを工夫すれば、費用を抑えられます。日本は土地が高いので、土地の費用を安くすれば、注文住宅の合計の費用を低くすることが可能です。狭い土地を購入して、空間を生かす家づくりにすれば、土地の費用は安くなります。狭い土地と言うと、窮屈な感じがします。しかし三階建てにするなどの工夫をすれば、住みやすい家ができます。

できる限り工務店に依頼する

注文住宅を建てるときは、住宅のメーカーと工務店に依頼する方法があります。住宅のメーカーの費用は高めなので、避けた方が無難です。工務店は安い費用でも、家を建てることを請け負ってくれます。工務店の場合は下請けに任せないで、自分たちで家を作っていくので、人件費を節約できます。それが家を建てる時のコストに反映されるので、費用が安くなります。工務店の数は多いので、まずはネットを使って良さそうなところを探してみましょう。

積極的に家づくりに参加すること

工務店の場合は、依頼者と話し合って家を作っていきます。依頼者も積極的に家づくりに参加するようにしましょう。狭い土地に建てることになるので、空間を生かす作りにすることが大切です。例えば、柱を減らすようにすれば、その分のスペースが広がって広々とした感じの家になります。家づくりの知識がないときは自分でも勉強することが大切です。家づくりに関する本が発売されているので、それを購入して知識を身に付けましょう。工務店の営業担当者としっかりとした信頼関係を作ることも大切です。

施工主の意向で外観や内装が決定されて建築されるのが注文住宅です。建売住宅とは対をなす不動産販売方法です。